スポンサードリンク


肩こりと枕

枕が肩こりと密接な関係があるといわれています。良い枕は、深い眠りに導き、深い眠りは短時間でも身体や脳を、リフレッシュ活性化し、肩こり予防効果があります。



一般的には、仰向けで寝た状態が、立位の姿勢と同じになる枕が良いといわれています。



それは、仰向けでの正しい寝姿勢がもっとも頭部や首の部分に負担が無く、そして、脳が休まり、全身がリラックスすることで質の良い睡眠をとることが出来、脳も身体も休めることが出来るからです。



睡眠には、眠りの深いレム睡眠と眠りの浅いノンレム睡眠が交互のサイクルで訪れます。この深いレム睡眠では筋肉がもっともリラックスすることから、肩こりの予防改善には効果が期待できます。



そして、最も深い眠りは、寝入りばな1時間半前後に訪れることから、短時間でも質の良い睡眠をとることが大切と考えられています。



ところで、横向きや、うつ伏せの寝姿勢を好む人があります。横向きでは、首、あご、肩、肋骨などにストレスがかかり、うつ伏せでは、肺を圧迫し頭を左右のどちらかにひねってしまうので背骨の自然なカーブに影響し、結果として質の良い睡眠をとることが出来ません。



したがって、肩こりの予防改善に効果がある枕は、仰向けでの寝姿勢を正しく保つことが求められています。



肩こり 枕 最新一覧 By 楽天
タグ:肩こり

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。