スポンサードリンク


ビール酵母

ビール酵母を摂ることで、肩こりの症状を軽減する効果を期待できるといわれています。ビール酵母は、麦芽を煮て作った麦汁を発酵させて製造するビールにおいて、この「発酵」の工程に欠かせない成分です。



ビール酵母は、麦汁のなかに投入されると、麦汁の栄養を吸収しながら増えて、ビールとしてのアルコールと炭酸ガスを作りだします。この行程を「アルコール発酵」といいます。アルコール発酵を終えたときに、ビールとともに、麦汁の栄養分を豊富に蓄えた「ビール酵母」も出来上がることになります。



ビール酵母は、麦汁の栄養分を蓄えていることで、身体組織の生成に関係する核酸や身体のタンパク質の基となるアミノ酸、造血作用のあるビタミンB群、糖代謝などに関係するミネラルなどをバランスよくそして豊富に含んでいます。



アミノ酸には、私たちの身体の中では作れず、食べ物として摂る必要のある必須アミノ酸がありますが、ビール酵母には、すべての必須アミノ酸が豊富に含まれています。この点からビール酵母は、最もよくできた自然のサプリメントといえます。肩こりや慢性疲労の解消にはアミノ酸の摂取が効果があります。



ビール酵母に含まれていて筋肉の主材料であるアミノ酸、特に「BCAA」やアルギニン、グルタミンを摂取することは、肩こりに効果があります。



BCAAは、バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類のアミノ酸の総称です。分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)と呼ばれていて、BCAAはこの頭文字から名付けられました。BCAAは筋肉を構成するたんぱく質中の必須アミノ酸の約35%を占めています。



これらを豊富に摂取すると、肩こりなどで傷んだ筋肉のダメージの回復を早めることが出来たり、体内で運動エネルギーとしても使われるんです。ですから、例えば、運動前に補給すると、スタミナを長時間持続させることが出来たりします。



ビール酵母に含まれるアルギニンは一酸化窒素を作り出すことで血管を拡張し血流を改善する効果をもたらします。さらに含有されているアミノ酸のヒスチジンは血管をやわらかくしなやかにすることが知られています。



ですから、ビール酵母を摂ることで、アミノ酸が弱った筋肉に直接働いて痛んだ箇所を修復してくれ、体内の血流の改善が見込めることで、肩こりの、症状の緩和が期待できます。



ビール酵母は、そのほかにも、乳酸菌などの腸の働きに役立つ菌を増殖させたり、消化力を高め食欲を促進させる作用があり、弱った胃腸の働きを活発にします。



ビール酵母に含まれるビタミンB1ビタミンB2、ニコチン酸、パントテン酸等は、飲み過ぎ、吐き気の症状に効果を発揮します。また、エネルギー代謝機能を円滑にすることなどからダイエットに効果があるともいわれています。



さらに、人体に欠かせないビタミンB群・必須アミノ酸・ミネラル・核酸・センイ質などが含まれていることから、これらの栄養素の補給や、偏食などによる栄養障害を起こしがちな方々の栄養状態の改善のための天然のサプリメントとして役立ちます。



ビール酵母の1日の摂取量の目安は、400mgといわれています。ビール酵母はビール同様プリン体を含んでいるので、健康体の人には通常の摂取量で問題になることはありませんが、痛風の方は控えた方がいいとされています。

ビール酵母 最新一覧 By 楽天
タグ:ビール酵母

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。