スポンサードリンク


ローズマリーの効能

ローズマリーが肩こりに効果があるようです。ローズマリー(Rosemary)は、ドイツコミッションEモノグラフ収載のハーブです。炎症抑制効果、血行改善効果があるとされ、外用によりリューマチなどの関節炎、内用では消化不良に対して使用されています。



ローズマリー(学名:Rosmarinus officinalis)は、地中海沿岸地方原産で、シソ科マンネンロウ属に属する常緑性低木です。生葉もしくは乾燥葉を香辛料として用いたり、精油はアロマや薬にも用いられていて、花も食べることが出来ます。



ローズマリーに含まれる、テルペン類のαピネン(alpha-pinene)は、特有の香りを持ち香料や医薬品の原料として広く使用されています。組織再生作用、抗炎症作用、鬱滞除去作用等に加えて強壮作用の働きがあり、肩こりに効果があると考えられています。



ローズマリーの芳香成分でテルペノイドの一種のベルベノン (verbenone) には精神安定作用があり、抑うつ症・神経圧迫症などの改善や、精神的疲労の緩和作用があり、肩こりの改善に効果があります。また、抗カタル・粘膜溶解・瘢痕形成・脂肪分解・抗炎症作用、鼻咽頭炎・中耳炎・気管支炎・胆汁機能不全・ウイルス性肝炎やウイルス性全腸炎などの改善にも効果があるとされています。



ローズマリーには、他にも、ロズマリン酸(rosmarinic acid)、カフェ酸(caffeic acid)、クロロゲン酸(chlorogenic acid)、ゲンクワニン(genkwanin)、ルテオリン(luteolin)、カルノシン酸(carnosic acid)、カルノソール(carnosol)、ロスマノール(rosmanol)、ウルソール酸(ursolic acid)、オレアノール酸 (oleanoic acid)など、抗酸化作用や抗がん作用、抗アレルギー作用や抗炎症作用、そして美肌作用があるとされる有効成分を含んでいます。



ローズマリーは、したがって、肩こりだけでなく、花粉症、アトピー、にきびや皮脂のテカリ、シミやソバカスの予防・改善、がんの予防や老化の防止、関節炎、血糖値を抑制する作用により2型糖尿病の予防や、肝臓での脂肪燃焼を促進する作用によるダイエット効果、虫歯や歯周病予防などが期待されています。

ローズマリー 最新一覧 By 楽天



ローズマリー / ローズマリーの効能

ローズマリー

ローズマリーが、肩こりに効果があるとされています。ローズマリー(Rosemary)とは、学名をrosmarinus officinalisという地中海原産とされる、シソ科の常緑低木です。



ローズマリーの葉は、ハーブとしてヨーロッパでは古くから様々な儀式などにも使用されてきたもので、消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用があり、肉の鮮度を長持ちさせることから香辛料として肉料理や食品の保存時にも用いられています。



ローズマリーの特徴的な有効成分はカンファー(camphor)、α-ピネン(alpha-pinene)などですが、カンファーだけで全体の約40%を占めます。これらの有効成分には痛みを和らげたり、静脈のうっ血、うっ滞状態の改善などの働きがあることから、肩こりのつらい症状の軽減に効果があるとされています。



肩こり以外にも、ローズマリーには身体の緊張や筋肉をほぐし、痛みを和らげる働きがあることから、筋肉疲労や関節の痛みなどに力を発揮し、スポーツ後の筋肉痛や、腰痛、関節炎などに効果的とされています。



ローズマリーには、その刺激的な香りによって神経や頭の働きを活発にする作用があり、気分もスッキリし、集中力や記憶力を高めてくれるリフレッシュ効果があります。気持ちが沈んだりやる気が起きないとき、また目覚めが悪いときなどに、私たちの心を元気にしてくれます。



ローズマリーは、また、ドイツのコミッションEにおいても認められているハーブで、ハーブティーとして食欲不振、胃アトニー、肝機能低下、弛緩性便秘など消化機能低下や循環不全による活力低下など、身体の機能低下に強壮剤として、治療に利用されます。またリウマチや関節炎、神経痛の鎮痛に精油ではなく抽出液が外用で使用されます。



ローズマリーには、ロズマリン酸(rosmarinic acid)、カフェ酸(caffeic acid)、クロロゲン酸(chlorogenic acid)、ゲンクワニン(genkwanin)、ルテオリン(luteolin)、カルノシン酸(carnosic acid)、カルノソール(carnosol)、ロスマノール(rosmanol)、ウルソール酸(ursolic acid)、オレアノール酸 (oleanoic acid)、ベルベノン(verbenone)、なども含んでいます。



カルノシン酸には、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果があり、脳梗塞による壊死を予防する作用があるとされていて、軽度のアルツハイマー型認知症や、パーキンソン病の症状が改善する可能性を期待できるとされています。



さらには、カルノシン酸、カルノソールには、生体防御機構を活性化させる作用があり、解毒作用を高める作用を期待できるようです。そして、ロズマリン酸には、花粉症の症状を緩和する作用があることが知られています。



ローズマリーの含む、ウルソール酸は、クマコケモモや、ビワの葉にも含まれていて、コラーゲンを分解する酵素の働きを抑制したり、コラーゲン線維の産生を増強させる作用があり、さらには、紫外線で破壊されたコラーゲンの束状の構造を再構築する働きもあるとされていて、美肌効果が期待されています。



また、育毛効果も期待されていて、毛包幹細胞に存在するコラーゲンのひとつの17型コラーゲンが脱毛と白髪に関与していることから、コラーゲンの産生に関わるローズマリーのウルソール酸の関与が推測されています。



ローズマリーは、鎮痛作用があることで、肩こりなどの痛みの緩和に効果があり、水分が滞留したむくみや肥満の改善効果を期待できるようです。そして、肌を強化し、引き締める作用があり、たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる作用や、フケ、脱毛に悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進する作用を期待できるとされています。

ローズマリー 最新一覧 By 楽天



ローズマリー / ローズマリーの効能


牛蒡 / ショウガ / アマチャヅル / ローズマリー / よもぎ / 枇杷の葉茶 / シナモン / セロリ茶 / むぎ茶 / 柚子茶 / 杜仲茶 / どくだみと肩こり

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。