スポンサードリンク


柚子茶

柚子茶が肩こりの症状緩和に効果があるようです。柚子茶は、韓国で伝統的に飲まれているお茶のひとつです。お茶といっても日本茶のように茶葉を使用したものではありません。柚子を皮ごとスライスして砂糖や蜂蜜に漬けたマーマレード状のものをお湯に溶かして飲みます。



柚子茶に含まれているペクチン質が肩こり緩和と小じわ予防効果があるとされています。また、ビタミンCは、レモンの約3倍含まれていて、疲労回復効果があり、美肌効果や、二日酔い解消に効果があります。



柚子茶に含まれる精油成分の一種のシトラールには、血行促進効果があり、精神安定作用もあります。カルシウムは、梨の約10倍含まれていて、骨粗鬆症予防と骨格形成に効果が期待できます。さらに、柚子の苦味を含む成分のリモノイドには、悪玉コレステロール制御作用があるとされています。



柚子といえば、冬至に、柚子風呂につかる習慣がありますが、それ以外にも、料理の隠し味や、柚子ポン酢、柚子みそなど、色々な活用法があります。それに柚子茶を加えることをおススメします。



柚子茶は、家庭でも簡単につくれます。柚子茶の基本的な作り方は、以下のようになります。皮ごと利用するのがミソです。



(1) ゆずの実を皮ごと薄切りにします。
(2) ジャムなどの口の広い瓶にゆずと氷砂糖を交互に敷き詰めます。
(3) しっかり蓋をして、冷蔵庫で20日間ほどおきます。ジャム状になったら完成です。



また、砂糖は、手製のシロップを使ったり、代わりにハチミツを使っても美味しくできます。ハチミツの糖分と柚子のクエン酸の組み合わせは糖質の吸収が速いので、疲労回復にはとても良い組み合わせといえます。



柚子茶の飲み方は、スプーン2〜3杯程度をお湯に溶かして飲むのが、一般的な飲み方です。また、夏は冷やして飲んでもさっぱりしていてお勧めです。その他にもトーストにぬったり、ヨーグルトやアイスに添えたりと、色んな楽しみ方ができます。

柚子 最新一覧 By 楽天



牛蒡 / ショウガ / アマチャヅル / ローズマリー / よもぎ / 枇杷の葉茶 / シナモン / セロリ茶 / むぎ茶 / 柚子茶 / 杜仲茶 / どくだみと肩こり
タグ:柚子茶
| 柚子茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。