スポンサードリンク


ためして・・・肩こり

いつもユニークな話題を提供してくれる「ためして○○○○」ですが、先日肩こりについて特集がありました。


肩こりは、無理な姿勢などを長時間とりつづけることで、筋肉に過度な負担がかかり、血行不良などが起こって、筋肉がこわばってしまうのが肩こりです。一時的な肩こりは、もんだり温めたりすると治ります。


ところがその肩こりが慢性痛となってしまうと、その痛みは、トリガーポイントというものが原因だというのです。肩こりで筋肉に異常が起こると、その痛みの信号が神経回路を通じて脳に送られ、脳は異常を起こした場所を「痛い」と判断します。


無理な姿勢を続けることが常態化して、常に肩こり状態の人は、神経が興奮状態になり痛みの信号を送り続けることになります。するとやがて神経の異常興奮状態がおさまらなくなり、神経の興奮した状態の塊ができます。これがトリガーポイントという痛みを引き出すポイントなんです。


肩こりがひどくなると、トリガーポイントは引き金を引いて信号を脳に送り、肩こりとは別の、「トリガーポイントによる痛み」を作り出します。こうなると、筋肉をもんだり温めたりしても、肩こりの筋肉の痛みは取れますが、トリガーポイントによる痛みはとれないのです。トリガーポイントは神経が興奮しているところですから、その興奮を鎮めるようにしなければ痛みは治まりません。


さらに、肩こりがひどくなるとトリガーポイントが激しい興奮状態になって痛みの信号をやたらめったら発信し続けることになります。するとそれを受けた脳は混乱状態になり信号がきた場所を間違って判断してしまい、本当に痛む場所とは違う場所を痛いと感じてしまう事が起きてしまうというのです。揉んでも治らない頑固な肩こりの痛みは実は脳が作り出した幻の痛みだったというんです。



番組ではさらにトリガーポイントの治療法を紹介しています。
それは、麻酔科医による治療です。


痛みの診療科「ペインクリニック」(麻酔科)では、トリガーポイントに麻酔注射をうつ「トリガーポイントブロック」という治療法を行っていて、これによって痛みがとれるだけでなく、筋肉の緊張もほぐれ、血行も良くなるという効果があるとされています。


トリガーポイント注射の効果は3つあります。

痛みそのものをとる。
自律神経が興奮して血行を悪くしているため、それを鎮める。
痛み物質が作られて筋肉をこわばらせているため、それを洗い流す。
「痛みがある→血行が悪くなる→筋肉がこわばる」という悪循環ができてしまっているので、麻酔によってその輪を絶つことで、慢性的な痛みがとまるのです。


治療は、1回の治療でも効果はありますが、それだけでは痛みがぶりかえす場合があります。症状の程度にもよりますが、週1回の治療を5回くらいは続けるのがよいでしょう。


トリガーポイント注射は保険が適用され、1回800円程度です。ただし、そのほかに、診察料などがかかります。


トリガーポイント注射の針は、血管注射に比べて細いため、それほど痛みはありません。
注射以外の方法では、トリガーポイントへのハリ治療が効果的な場合があります。


自分が慢性痛かただの肩こりか、もしくは全然違う病気かわからない場合は、ペインクリニックで痛みの判別をしてもらえます。
※内臓疾患やヘルニアなど、別の病気からトリガーポイントができることもあります。元になる病気があるなら、それを治すのが先決です。
※参考:日本ペインクリニック学会のHPに、痛みの治療を行っている医療機関の一覧があります。
http://www.jspc.gr.jp/06_shisetsu.html

そのほか詳しくはこちらをどうぞ



タグ:肩こり

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。