スポンサードリンク


牛蒡

牛蒡には肩こりを解消、改善する作用があるといわれています。牛蒡の皮に含まれるサポニンが血流改善作用や自律神経のバランスを調節する作用があり、肩こりの症状の緩和と改善に効果があるといわれています。



牛蒡の皮に含まれるサポニンは、薬草として知られる高麗人参の主成分のサポニンであるジンセノサイドと同じ成分を含んでいて、血流改善作用や自律神経のバランスを調節する作用があり、肩こりに効果があるといわれています。



牛蒡でつくるごぼう茶が人気なのは、このサポニンが水溶性のため、お茶の形で手軽に摂ることができるからです。



牛蒡の皮に含まれるサポニンの摂取によって副腎皮質ホルモンが分泌され、毛細血管が広げられるとともに、赤血球変形能も向上して赤血球が血管内を非常に通りやすくなり、赤血球自身の数も増加します。その結果、毛細血管での血流が改善され肩こりが緩和されます。



また、牛蒡の皮に含まれるサポニンは種々のストレスに対しても緩和作用があることで、ストレスからの肩こりに対しても効果が期待できるといわれています。



ごぼう茶には、様々な効能があり、血流改善効果による肩こり、冷え症、むくみ改善効果以外にも、脂肪分解の効果でメタボや糖尿病、さらには便秘解消にも効果があるといわれています。



また、油っぽいものを食べる時に一緒に飲むと、腸の中で脂肪分を排出してくれるので、ダイエット的な効果も期待できるといわれています。



牛蒡は、食物繊維が豊富な野菜として知られています。水溶性食物繊維のイヌリンは利尿効果があり、腎臓の機能を高めるほか、血糖値の急激な上昇を抑制し糖尿病を予防します。水溶性食物繊維は、コレステロール値の低下に有効です。



さらに、リグニンやヘミセルロースという不溶性食物繊維も多く含まれています。これら牛蒡に含まれる食物繊維は、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善、大腸がんの予防になり、同時に悪玉の腸内細菌の繁殖を防いでくれます。



牛蒡は、食物繊維以外にも、強い抗酸化作用をもつ酵素であるペルオキシダーゼ(peroxidase)を多量に含むほか、抗酸化作用があるミネラルのセレン、アミノ酸の一種で免疫力を高め、滋養強壮にもはたらくアルギニンを含み、細胞の新生に不可欠な亜鉛は、野菜の中でも比較的多く含みます。



牛蒡は、したがって、肩こりに効果があるだけでなく、健康効果が非常に高い野菜のひとつといえます。

ごぼう茶 最新一覧 By 楽天



牛蒡 / ショウガ / アマチャヅル / ローズマリー / よもぎ / 枇杷の葉茶 / シナモン / セロリ茶 / むぎ茶 / 柚子茶 / 杜仲茶 / どくだみと肩こり
タグ:牛蒡
| 牛蒡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。