スポンサードリンク


肩こり解消入浴法

肩こりを解消する入浴法があります。お風呂の入り方では、「半身浴」が、脂肪燃焼などダイエットに向いているとされて人気ですが、上半身が冷えやすいなど、肩こり解消には向かない入浴方法のようです。



肩こり解消に効果があるとされるのは、肩までどっぷりつかる「全身浴」です。肩こりは、血流が滞ることが原因です。したがって、血流を改善することで肩こり解消に効果があるとされています。



全身浴が、半身浴よりも体の中の血流が良くなるとされていて、理由の1つは「水圧」です。全身浴になることで、からだ全体にかかる水圧が、心肺機能を高めるとされています。その結果、心臓の動きが活発になるので、血液の流れが良くなり肩こり解消に効果があるとされています。



したがって、肩こり解消の入浴法は、全身浴で、お風呂のお湯の温度は、チョット熱めの41℃に、10分間入浴するだけで効果があります。



ちなみに、疲労回復には、お湯の温度は、40℃、全身浴で、入浴時間は、15分ぐらいが最適とされています。



さらに、免疫力をアップする入浴法は、「ヒートショックプロテイン」に働きかける入浴法で、お湯の温度は、40℃で、全身浴で、入浴時間は、20分と長めです。さらに、風呂上り後、30分は冷たい飲み物などで、体を冷やさないことが必要で、上がった体温が自然に下がるのをゆっくり待つのがポイントです。



この入浴法をすると、入浴から2日後には、ヒートショックプロテインが体内で大活躍してくれ免疫力が上昇します。そして、ヒートショックプロテインは約1週間くらい活動してくれるので、この入浴法は、多くても週に2回で高い免疫力を得ることが出来ます。

おうちでバスタイム 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。