スポンサードリンク


ショウガ

ショウガ(生姜)は、血流をよくし、冷え性や肩こり、腰痛の改善に効能があり、手先や足先を温める効果を期待できます。



ショウガは、「クレ(呉)ノハジカミ」とも呼ばれ、ジンジャー(Ginger)という呼び名に親しみを感じている人も多いと思われます。



ショウガは、生と乾燥したものとでは効能が異なることが知られています。生のショウガに含まれるジンゲロールという辛み成分は、手先や足先の抹消の血管を広げることで、血流をよくし、手先や足先を温める効果をもたらします。



そして、これはからだの深部にある熱を手足に移動させて放熱効果を得ることになり、深部体温をやや下げることになります。したがって、生のショウガには解熱作用があるとされています。



乾燥したショウガは、生のショウガと同じようにジンゲロールを含んでいるんですが、ジンゲロールの一部がショウガオールという別の成分に変化して存在します。ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、血流を高めるだけでなく、からだの深部の熱を作り出す働きがあります。



また、香り成分のジンギベレン(Zingiberene)、リナロール (linalool)、シトラール (citral) 、シネオール (cineol)は、胃を温め動きを良くすることで食欲を増進させたり、消化を促すことで知られています。



そして、ジンゲロール(Gingerol)とショウガオール(Shogaol)は、辛味成分でもありますが、殺菌効果や抗酸化作用もあることから、乾燥したショウガを用いると、風邪の初期症状に効果があるとされてもいるんです。



ショウガの爽やかな香り成分のガラノラクトン(Galanolactone)にも胃もたれや胸やけを抑える効果があり、ジンゲロールと共に血管を拡張させて、血液の流れを良くする効果があります。



腸で吸収されたジンゲロールは、血管内に浸透し、細くなった血管を拡張させ、血液の流れを改善します。このため、血行不良による肩こりや身体のこわばり、冷え性などに効果が期待できます。ショウガをとることで3〜4時間の保温効果が継続するといわれています。



また、ロイコトリエンという気管支の平滑筋を収縮させて、気管支を狭くし、ぜんそくを引き起こしたり、せきの原因となる物質がありますが、香りのガラノラクトン、辛みのジンゲロールは、これらの物質の働きを抑えて、せき、のどの痛みを暖和します。



冷え性には、乾燥ショウガが効果がありますが、ショウガは、皮を厚くして水分が蒸発するのを防いでいることから、家庭で生のショウガを乾燥させるには、一工夫必要です。



例えば、ショウガを厚さ1〜2mmにスライスして、室内放置で1週間程度、あるいは、天日干しで1日で、乾燥ショウガが出来るようです。(NHK ためしてガッテンより)



ショウガは、生と乾燥したものとはまったく逆の効能があります。解熱をしたいときは生のショウガ、冷え性を解消したいときは、乾燥したショウガを用います。どちらも、摂取した当初は血流が良くなってポカポカしますが、時を置くと違いが分かります。

乾燥ショウガ 最新一覧 By 楽天


牛蒡 / ショウガ / アマチャヅル / ローズマリー / よもぎ / 枇杷の葉茶 / シナモン / セロリ茶 / むぎ茶 / 柚子茶 / 杜仲茶 / どくだみと肩こり
タグ:ショウガ
| ショウガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。