スポンサードリンク


アミグダリン

アミグダリン (amygdalin) が、以前は、ビタミンB群のひとつとして、ビタミンB17と呼ばれていたことがあります。しかし、今は、アミグダリンが生体の代謝に必須な栄養素ではなく、また欠乏症も報告されていないため、ビタミンの定義には該当しないことからビタミンとして認められていません。



アミグダリンとは、レートリル (laetrile) とも呼ばれる青酸配糖体の一種です。主にウメ、アンズ、モモ、ビワなどのバラ科植物の未成熟な果実や種子、葉などに含まれています。猛毒のシアン化水素を加水分解によって発生することが知られています。



アミグダリンには、一部で抗がん作用があるとする説がありますが、今のところ否定的な見解が大勢を占めています。しかし、アミグダリンのもつ毒性を無毒化する過程で組織中に残留する微少量の成分が、生体内での新陳代謝を活性化させ免疫力の機能を向上させるのに役立つことは考えられます。



そのため、杏仁(キョウニン)、桃仁(トウニン)など、生薬の材料とされていて、アミグダリンの薬効として経口で去痰・鎮咳などや、正常な皮膚に塗布すると局所麻酔(かゆみを止めるなど)の作用が期待されています。



したがって、アミグダリンを極微量摂取することは、自然治癒力の増強に効果がある可能性はあるようです。しかし、過剰に摂取することは、良い結果をもたらさないといえそうです。



アミグダリンの多量摂取による有害作用としては、悪心、嘔吐、頭痛、目まい、血中酸素の低下による皮膚の青白、肝障害、異常な低血圧、眼瞼下垂、神経障害による歩行困難、発熱、意識混濁、昏睡、そして、死に至ることが知られています。


アミグダリン 最新一覧 By 楽天



アミグダリン / 枇杷の葉茶


アスタキサンチン / アミグダリン / イチョウ葉エキス / エゾウコギ / カシスエキスと肩こり / プラセンタ / プロポリス / マカ / α-リポ酸注射 / MSM

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。