スポンサードリンク


眼精疲労

眼精疲労は肩こりの原因のひとつです。眼精疲労とは、眼が疲労していて、ものを見るときに苦痛または違和感を感じ、頭痛、眼痛、流涙、肩こり、吐き気などが睡眠や休息でも改善しない状態のことをいいます。



眼精疲労は多くが、パソコン、テレビ、ゲーム、読書など、目を酷使することによって視神経や眼の筋肉が疲労することでおきると考えられます。また、眼の機能低下や、病気、ストレスなども原因として考えられ、複数の要因が影響していることもあります。



眼精疲労が肩こりを引き起こすメカニズムは解明されているわけではないようです。しかし、視神経と体の筋肉は、密接に関係しているとされ、視神経が疲労すると、目や頭のまわりにある筋肉や首筋の筋肉が緊張し、血行不良となり肩こりを引き起こすとの考えがあります。



眼精疲労には単純に眼の使いすぎとされる、読書やテレビゲーム、OA機材、パソコンなどを長時間見続けることからの眼精疲労があり、これは、眼精疲労の中では最も多いタイプです。



しかし、眼科疾患が原因の眼精疲労も存在し、ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症など眼の疾患からおこるものや、遠視、老視、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下しておこる眼精疲労などがあります。



さらには、メガネやコンタクトレンズの度数が目に合わないためにおこる眼精疲労もあり、これらの場合には、眼科医などによる適切な治療が必要となります。



そして、慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによる眼精疲労もあり、また、糖尿病や高血圧、動脈硬化、心臓病、肝臓病などの生活習慣病も原因となることがあります。



眼精疲労による肩こりは、その原因によって自ずと対応は異なるといえます。つまり、眼精疲労の原因が眼の疾病などである場合には、それを治療するなどしない限り、肩こりは解消されないことになります。



眼の酷使による眼精疲労であれば、例えば、軽いマッサージや、温めることが効果的です。目の周りの血行もよくなりますし、筋肉の緊張を緩めることができます。また、眼の充血がひどい場合には、眼を冷やしたほうがよい場合もあります。

眼精疲労 最新一覧 By 楽天
タグ:眼精疲労
| 眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。