スポンサードリンク


アスタキサンチン

アスタキサンチンが肩こり解消に効果があるようです。アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は、甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉などに見られる赤色の天然色素です。



アスタキサンチンは、野菜のβ-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化から生体を防御していると考えられます。



アスタキサンチンは強力な抗酸化力で活性酸素の発生を抑え、血流改善効果があることで肩こりの原因となっている活性酸素の発生を抑制し、活性酸素で傷つけられた筋肉の修復に効果を発揮することで肩こりを軽減し、目の筋肉の疲労を原因とする眼精疲労にも効果があると考えられています。



肩こりだけでなく運動時の疲労も、筋肉で発生した活性酸素が筋肉を傷付けることで、生じます。アスタキサンチンは強力な抗酸化力で活性酸素の発生を抑え、筋肉の疲労を軽減すると考えられます



アスタキサンチンを摂ると持久力が上がり、疲れにくくなるというのもこのためです。疲れやすくなったと感じる人にもおすすめです。しかも、アスタキサンチンを継続的に摂取すると、運動中のエネルギー源として脂肪が優先的に燃焼するようになることで、ダイエットにも効果があるとされています。



アスタキサンチンは、老化などの原因となる活性酸素に対してそれを無力化する強い抗酸化作用があります。なかでも、一重項酸素を無害化する作用が強く、その効力はβカロテンの10倍、ビタミンEの約25倍、ビタミンCの約90倍、といわれています。



一重項酸素は、コレステロールや中性脂肪といった脂質と反応して、過酸化脂質を生成することでがんや動脈硬化の原因となることが知られています。また、アルツハイマー病の原因のひとつに一重項酸素などの活性酸素によりアミノ酸が酸化されて生じるカルボニル化合物があるといわれています。



アスタキサンチンは、血液脳関門を通過して脳細胞内で抗酸化作用を働くことが出来る数少ない成分です。脳細胞内で抗酸化作用を発揮することで、脳機能を改善し集中力を高めたり、認知症などへの効果が期待されています。



アスタキサンチンはまた、内臓脂肪から分泌されるホルモンのアディポネクチンを増やす効果があることから、肥満や糖尿病などのメタボリック症候群の改善に効果があると考えられています。



アスタキサンチンは、血液網膜関門(けつえきもうまくかんもん)を通過することでも知られています。血液網膜関門(blood retinal barrier、BRB)は、眼の網膜色素上皮層にあって、眼の網膜を防御するシステムです。アスタキサンチンは、眼の網膜と脳の視神経に直接届くことで、眼精疲労にも効果を期待できるといえそうです。



アスタキサンチンの1日の摂取量の目安は6mg程度。激しい運動をしたあとは、12〜15mg程度が目安とされていて、1日に30mgまでなら、安全性が確認されています。肩こりならば、早ければ、1〜2週間で改善が実感でき、疲れにくさも体感できるとされています。

アスタキサンチン 最新一覧 By 楽天



アスタキサンチン / アミグダリン / イチョウ葉エキス / エゾウコギ / カシスエキスと肩こり / プラセンタ / プロポリス / マカ / α-リポ酸注射 / MSM

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。