スポンサードリンク


α-リポ酸注射

α-リポ酸注射が肩こり解消に効果があるといわれています。α-リポ酸は、ビタミンのように酵素の働きを助ける補酵素の一種で、「チオクト酸」とも呼ばれます。



α-リポ酸は、糖分からエネルギーを作り出す過程で必要な栄養素で、我々の体を構成する細胞内のさまざまな活動に必要なエネルギーのほとんどを、直接、あるいは間接的にATPの形で供給するミトコンドリアの中に存在しています。



α-リポ酸は、体内でも微量ですが合成され、食品からも少しずつ摂取されています。ただし、体内の合成能は、加齢とともに減少すると言われています。



α-リポ酸を摂取することで、熱エネルギーの生産を高め、新陳代謝を促進することからダイエット・むくみ・冷え性にも効果があります。



α-リポ酸はビタミンCやビタミンEの400倍の抗酸化力があるといわれていて、水にも油にもなじみやすいので、細胞や組織のあらゆる場所で働いて、抗酸化パワーを発揮できるという特長があります。



ビタミンCは水溶性で、ビタミンEは脂溶性です。α-リポ酸は、水にも油にもなじみやすいことから、それぞれが働く、水分の多い細胞内や、脂質でできている細胞膜などでも働くことができる抗酸化成分です。



細胞や細胞膜が活性酸素によって酸化されてダメージを受けると、細胞は衰えたり、死んでしまいます。体内で発生する活性酸素の増加を抑制し、細胞の酸化を防ぐと、さまざまな生活習慣病の予防となるだけでなく、肌を若く保つこと(アンチエイジング)にもつながります。



そのため、α-リポ酸の効果には、血液の流れを活発にするため肩こりや冷え性の改善が期待でき、体内で糖とタンパク質が結合する糖化という老化反応を防ぐ効果があるとされ、体内の糖分をエネルギーや脳の活動に効率よく使うようにするため疲労回復に効果があります。



さらに、糖質の代謝を促進する働きが、摂取した脂肪を燃焼しやすくし、新陳代謝を促進することからダイエット効果が期待できます。 強力な抗酸化作用により、活性酸素を除去することで、肌を若く保ち、さまざまな生活習慣病予防にも効果が期待でき、血中のブドウ糖の排出をスムーズにする作用により、血糖値が安定しやすくなる効果が期待できます。



α-リポ酸は、サプリメントなどで手軽に摂れますが、静脈注射によって、直接投与することで、短時間で効果を得ることが可能となります。多くの場合、α-リポ酸注射後、1時間前後で、肩こりの症状の緩和が実感できるようです。



α-リポ酸注射は、自由診療となることから、医療機関によって費用が異なります。

α-リポ酸 最新一覧 By 楽天



アスタキサンチン / アミグダリン / イチョウ葉エキス / エゾウコギ / カシスエキスと肩こり / プラセンタ / プロポリス / マカ / α-リポ酸注射 / MSM

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。